幸せな恋愛・結婚生活・人間関係を引き寄せるための心のデトックスマニュアル
わずか1分で出来る「心と体の元気回復法」 現役心療内科の先生から推薦の言葉!うつ悩みがスッキリなくなります。


トップページ社会人二酸化炭素排出量を考えてみた。その4 うつ病になったサラリーマン★トマトの自分探しの旅★ 2009年06月03日

 最初の記事から読みたいと思ってくれた方は
 ココをクリック。
 記事下の『次の記事』をクリックしていって下さい。

 うつカテゴリーの最初の記事はコレをクリック。


 

社会人

初めて訪問して下さった方。ありがとうございます。
中々面白かった。うつ病に負けるな。と言う感情がちょっとでも沸きましたら
是非、下のランキングバナー、ポチ、ポチ、ポチっとお願いします。
−☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆− −☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆−

今回は皆さんに身近な自動車の話。

何かと環境汚染、温暖化の悪者と思われがちな自動車。
昔から排出ガスの問題、ディーゼル車の黒鉛であったりNOx(二酸化窒素)が問題で、相当環境に悪いもののイメージが植え付けられている。

しかし最近の、もうすでに20年前くらい前の日本のガソリン自動車なんて排ガスは結構クリーン。クリーンっと言っても一酸化炭素が少ないだけ。燃焼が起これば二酸化炭素は必ずくっ付いてくる。
如何に効率良く燃料を燃やし、パワーを得て燃費を良くするかと言う技術が問題。
ここ数年の燃焼効率の進歩は素晴らしく、低燃費技術は世界に誇れるものです。

そう、日本車の二酸化炭素排出量の少なさはとても優秀。日本人として誇って良い分野。
同じく家電製品の省エネ技術もそうである。


二酸化炭素排出量の少ない車の動力源ランキング
 日本自動車研究所などの調査 2008年8月
 1位 電気自動車        :0.049kg/km
 2位 燃料電池車(将来型)   :0.0582kg/km
 3位 燃料電池車(現状型)   :0.0868kg/km
 4位 ガソリン・ハイブリッド車 :0.123kg/km
 5位 ディーゼル車       :0.146kg/km
 6位 天然ガス車        :0.148kg/km
 7位 ガソリン車         :0.193kg/km


ガソリン・ハイブリッド車の二酸化炭素排出量はガソリン車の64%。
36%二酸化炭素排出量が少ないんです。
でも減った分は電気、発電で生まれている動力です。
この発電によって生まれる二酸化炭素排出量はどのくらいなのかまだ調べ切れていません。

トマトが気になっているのは、車1台作るのに二酸化炭素はどの位排出されるかです。

各自動車会社が排出している二酸化炭素量
代表3社の日本における事業所からの排出量+輸送による排出量です。
 トヨタ自動車:23.4億kg/年
 日産自動車 : 9.4億kg/年
 ホンダ自動車: 6.1億kg/年

国内の生産台数 2008年1月〜12月 のデータは、
 トヨタ自動車:401万2388台/年
 日産自動車 :129万3082台/年
 ホンダ自動車:126万4387台/年

車1台作るのに二酸化炭素をどの位出しているかがこれでわかりますね。
二酸化炭素排出量を生産台数で割ってやればいい。
 ただし、ぶら下がっている関連会社で生産していたりしている分が、
 生産台数及び二酸化炭素排出量にどういった形で入り込んでいるか
 不明ですので、どの会社がいいとか悪いとかは判断しないでください。

 トヨタ自動車:583kg/台
 日産自動車 :727kg/台
 ホンダ自動車:482kg/台

おおよそ車1台作るのに500〜700kgの二酸化炭素が排出されている。


各家庭で年間1万km走行したとすると二酸化炭素排出量
ガソリン車で1930kg
ガソリン・ハイブリッド車で1230kg
その差700kg

ガソリン・ハイブリッド車に乗り換えたら1万km乗ってやっと生産時の二酸化炭素量を打ち消せます。
沢山車に乗る人にはメリットありますね。良かった。 ヾ(´ω`=´ω`)ノ

車買い替えようとしている方、買い替えてしまった方。
ハイブリッド車で1万km走行はマストですよ。
1万km以上乗って、そこからエコカーなんです。

低燃費ガソリン車の場合はもっと乗らないと省エネの効果出ない。

車買い替えるか迷っている方。
年間走行距離4千km未満であればそのまま維持していても、エコに貢献していないわけではありません。
自動車会社から年間500〜700kgの無駄な二酸化炭素出さないで済んでいるんです。

1年間で4千kmしか走らない、5年で2万km。
そんなご家庭は乗り換えないほうがエコかもしれない。

エコカーに買い換えないほうが二酸化炭素出さない可能性がある。

ご自宅の車の年間走行距離と実際の燃費、思い出してくださいね。

整備を怠っていなければ最近の車なんて20万km走れますよ。
タクシーは40万km走行します。

オイルの交換も安易に5千kmで交換していませんか。
メーカーの推奨交換距離はもっと長いですよ。
販売店や整備工場、ガソリンスタンドにだまされないでください。

維持費まで入れると10万km走行で買い替えるのがいのかもしれませんが
リサイクルに伴う二酸化炭素排出と言う問題もあるんです。

そして忘れてはいけないこれからやって来るであろう電気自動車時代。
その電気自動車の出す二酸化炭素量

不況の2008年の国内自動車生産台数は1156万台です。
これが2009年に1万km走行すると二酸化炭素量排出量
ガソリン車換算で223億kg出す。
ハイブリッド車換算で142億kg出す。
電気自動車換算で57億kg出す。

発電の問題は付きまとうのである。

TSUTAYA・DISCAS チャンネル
カロリー33%オフのダイエット米
スキンアナライザーでお肌の水分量チェック
『堀江貴文公式教材』ホリエモン・パソコン教室!


人気ブログ      ブログセンター_bana
  ランキング参加 ↑ しております。 クリックして ↑ くれると嬉しいです。 

おきてがみ

 お付き合いくださり、ありがとうございました。
トラックバックURL
この記事へのコメント
1. kazumi   2009年06月04日 09:25
トマトさん、おはよう(^^)
すごい調べたね^^さすが!
ガソリン車でも、うちみたいに休みの日とか近くの買い物くらいしか乗らないならこれでいいのね^^
でもね〜わが家のオデッセイ、すごく燃費が悪いのよ・・なんでだろう??
おうえん☆


コメントありがとうございます。
買ったときからですか?たぶんそうだと思いますが。
車は動き出しが一番燃費悪いんです。リッター3〜5km。
発進は一番燃費に気をつけて易しい運転が必要です。
普段街乗りで車使う人は、この発進が多いいので燃費悪いんです
2. すこってぃー   2009年06月04日 09:41
5 おはようございます!

車を作るときに出る二酸化炭素とは

盲点でした!

なるほどな〜

勉強になりました(*∀*)

お〜えん〜〜〜〜♪☆♪☆


コメントありがとうございます。
物を作る、生産する行為には二酸化炭素が排出されます。
家庭で料理作るときのようにね。
3. 優希   2009年06月04日 09:52
おはようございます!
まさにエコの真髄に突っ込んだお話ですね〜

経済大国の日本が
諸外国よりも二酸化炭素を出しているのは
経済が発展しているからなんですよね〜

極端に言えば
人口を減らして
GDPを少なくすれば
エコになるんですが
そんなエコは誰も望んでいないので
政府が打ち出しているエコは
どの国でも経済活性化対策なんです!

私もこのお話をしようかな〜って考えていたのですが
トマトさんの情報量で満足いたしました!

素晴らしい分析です!
私が思っていたなんとなくが
数字で立証されました!

スッキリしました!
ありがとうございます!


コメントありがとうございます。
昔あった、川柳の『無理をするなと無理を言い』のようね経済です。
『エコ製品を作れとエゴを言い』
『エコ製品、作ってみたら温暖化』
麻生君、目を覚ませ。
4. misawa   2009年06月04日 14:37
トマトさん
すごい・・・
僕は馬鹿なので・・
数字がいっぱいそれだけで・・
(||´ロ`)o=3=3=3 ゼイゼイ・・・
エコの話ですね・・・


コメントありがとうございます。
店長、酸素吸入〜〜〜。
甘いもの食って脳みそに栄養与えてください。
数字は飛ばして読んでも内容伝わると思います。
5. マッチャ   2009年06月04日 15:04
こんにちは

緻密なデータですね
あはっ^^;
私も覚えられない^^;
でも いずれにしても二酸化炭素の排出はつきものですね

エコエコって言いますが
本当に正しいエコな生活って良く分かりません
マスコミの言葉に踊らされ
単語を並べただけでそんなつもりになっちゃいけませんね

☆動画見てくれてありがとうございます

私は良く分からないんですけど、セキュリティは設定が出来るんですって
あの位の音では鳴らないようにも出来るそうですよ
車の持ち主が、駐車場を離れた後自分の車が歌ってたとは知らないでしょうね
動画を見せてやりたいけどどこのどなたなのか???ですもんね


コメントありがとうございます。
そう、何かよく分からんけどエコって感じの世の中。
マイ箸の何処がエコなんだか?
ベトナムなんか食堂では箸共用で拭いて使うんですよ。
そこまでやればエコだ。
6. びかたー   2009年06月04日 18:40
3 トマトさん、こんばんは。

うーん、確かにこういった数字には
強いようですな・・・。

しかしながら、それだけじゃ足りないぞ!
長く乗れば、それだけ車はエコである。
間違いなくそうだといえる。

しかしながら、先日のコメントでも書いたが
車種が多いと生産ラインの構築や
無駄な動力、
そして輸送などにかかるエネルギー

こういったものが増大する・・・。
ここらへんのことが抜けてるんじゃ
ないだろか?

だからこそ、オイラの提案は無駄な
車種は無くす、互換部品を増やす
中古パーツの新たな流通を構築する

勿論、日本に率先してやってもらいたいね!

ショーモナイ税制度で、高級車で
節税できる制度なんか無くして
こういったことを国で率先してやればいい・・・。

今は世界の自動車メーカーが、ガタガタになっている時・・・!

今なら、日本がイニシアチブを持って
やっていけるのではないかな?

各メーカーで、共通車種を何割か
製作することだ!
実にエコだと思わないですか?

でも、スクラップ・インセンティブってのは
最近出た良い制度案だと思う。

もっとも、欧米ではかなり以前から
やっていた・・・。

日本はアホだからやっていなかっただけ!
早く買い換えるのが、良いといった風潮が
あったからね・・・。


コメントありがとうございます。
長いので書けません。別枠で。
7. びかたーさんへ   2009年06月04日 19:34
2 コメントありがとうございます。
輸送エネルギーは計算に入れています。

ビカターさん生産ラインの情報、ちょっと古いですよ。
今はフレキシブルラインで車種が増えてもその分だけラインが増えるという事はないです。
1ラインで何車種も作れるんです。
それにプラットフォーム(シャシー+α)はメーカー内では結構統一されていて
車種の多さよりプラットフォームの数は少ないです。
基本3〜4種位じゃないかな。
日産はルノーとプラットホーム統一してるし。
自動車会社、部品会社でモジュール設計が進んでいて統一化は進んでいます。

中古パーツですが、色んな方が色んな乗り方しています。
どんな乗りかたされたか履歴が分からないので、
安全性の保証が出来ないから先ず無理。
8. びかたー   2009年06月05日 02:56
1 異論ありだよん!(*`◇´*)ゞ

オイラは昔(20年以上前)工場の、ライン研修を受けた経験がある。
つらかったぜ・・・。(汗

その頃から、フレキシブルラインですよ!(笑
ピックアップと乗用車が同一ラインを流れていた・・・。

当たり前だが、同じ数の車を作るなら
同じ能力のラインは必要でしょ!
だからラインの絶対数ではないわけ。

そういうことではなくてね・・・、

開発費とか、敷地全般、ラインの基礎となる
パーツの下請け先まで含めて考えるべき!

全部これらは無駄なエネルギーの
塊だと思うわけ! 勿論、パーツの輸送も考えるわけだね。

それと、まあシャーシぐらいですよ、互換性があるのは・・・。

これも、昔から同じこと。単にコロナとカリーナは同じとかね。

部品メーカーのことを考えると、同じメーカーでも、かなりの種類を作ってる。

殆ど互換性が無い・・・。しかもアッセンブリー交換部品が多い。

直系列とか、何社もあるし・・・。

>中古パーツですが、色んな方が色んな乗り方しています。
>どんな乗りかたされたか履歴が分からないので、
>安全性の保証が出来ないから先ず無理。

残念ながら、これはウソですよ!

オイラは数年前まで、自動車業界に居ました。

中古のパーツは、インターネット検索を
前提にした販売ルートが確立されている。

板金屋さんも取り寄せだし、私は本業の
保険屋当時からリビルト使用を勧められていた。
リビルト技術はかなり優れているんです。

ウソと思うなら確かめてみてね!

ただし問題は車種が多いこと!
コレが理由で、リビルト率が低い。
単価が上がるからね・・・。

それと、車種が多すぎてパーツの回収が
できないんですよ。コスト的にもね。

だからこそ・・・、

車種の多さが、無駄の多さと私は思うんだな・・・。


コメントありがとうございます。また別枠で。
9. ビカターさんへ   2009年06月05日 04:12
こんにちは
現在のフレキシブルラインはもっと進んでいるんです。
2000年くらいから格段の進歩。
開発費とか、ラインの基礎となるパーツの下請け先まで含めて考えています。
>敷地全般の意味が少しわかりません。
コロナとカリーナが同じと言うレベルではないんです。
シャシーと言う言葉を使っていないでプラットホームと言う言葉を使うのはその差です。
アッセンブリー交換部品が多いのはモジュール設計をしているからです。
アセンブリーの枠が拡大しています。コストは実は安いんです。
採用部品メーカーも1社、2社に絞り込んでいます。
そしてりビルト技術、流通は確立されています。確かにそうですが
リビルトは交換部品の返却品を再生産します。
よって部品が優れているのは確か。でも前述したように再生産なんです。
これではダメ、生産と運搬と言うコストと二酸化炭素排出が生じてしまう。
そこでモジュール設計の技術がより進歩しています。
この考えは5年前位からですよ。ある部分全取り換えの方がコスト安くすむ。
さらに交換した部品はメーカーの、大企業のリサイクルにはまり易い。
大量にメーカーに集まった方がリサイクルコストは安くすむ。
交換部品の値段は高くてもその分、車生産の値段は安くなっている。
お客さんが払う金額はその方が安いんです。
車ほど技術の進歩に対し値段が上がっていない製品はないんじゃないかな。
これから具体的に世の中に浸透して行く筈です。
これからは違いますよ。
20年前のラインですか。それは大変な労働。
私は23年前ラインで少し働きました。
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
今のラインで働いたらビックリしますよ。楽勝で。
PS.リビルト品、メーカーはその性能には満足していません。三菱くらいじゃない。
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
お気に入りブログ
トマトのお気に入りブログです。

「とりぶう」の読むコント~宮古島
とりぶうさんの不思議な魅力に引き込まれ、きっとあなたも『とりぶう』ファン。
更新が楽しみなこと間違いない。


Studio恭 三沢先生のひとりごと
栃木県真岡市で
 美容室murmur hair
  を営業している美容師のブログ。
美容師の地位向上のため日夜戦う三沢さんの、美容師魂、情熱が熱ーク、伝わってきます。


アスペルガー症候群
 (いたずらBoy's) ...
アスペルガー症候群の3人のお子さんを育てるお母さんのブログ。
健常者とちょっとだけ違う子供達を理解して上げて下さい。是非アスペルガー症候群を知らない方に訪問して頂きたい。
脳機能障害児の教育現場の問題点などが垣間見れます。


この空の下で・・・
何気ない日常から幸せを届けてくれるみなみ☆さんのブログ。
一姫二太郎に年下主人の幸せ家族。暖かい温もりを味わいに行ってみて下さい。


ギャンブル依存症をご存知でしょうか?立派な病気です。
その結末はアルコール依存タバコ依存より悲惨です。
周りにいませんか?子供をほったらかしでパチンコなどのギャンブルに夢中になっている方。
夏は熱中症、冬は火事、死が絡む怖い依存症です。
犠牲になるのは子供です。
救えるのは医者ではなく周りの方達です。そんなギャンブル依存症の方を救おうとしているブログ。
ギャンブル依存症克服への道 ~やめたい人、やめさせたい人の道場やってます!~:タカビーさん


ぶつぶつつぶつぶphilosophy
外国で専門学校生として勉強中だったのが、妊娠・出産を経てママになってしまった女性のブログ。
とってもリアルな子育てが垣間見れ、その大変さと喜びがビシビシ伝わります。
是非男性に読んでほしいブログ。


エルフォレスト便り
信州の山奥のペンション、エル・フォレストのオーナーのブログ。
某1流大学の同窓夫婦が都会を若くして捨て、信州の山奥でペンションを始め、夏はガーデニング、冬は雪と戦いながら生活している様子が見れます。




Twitter で~す
ぶろぐらむ
blogram投票ボタン




コメント
スポンサードブログ
非常品常備品あれこれ
あったら便利の非常品、常備品を紹介しています。

訳ありスキンケア商品、情報デスク
国内外の訳ありスキンケア商品をご紹介します。

訳あり香水、情報デスク
国内外の訳あり香水をご紹介します。

訳ありメイクアップ商品、情報デスク
国内外の訳ありメイクアップ商品をご紹介します。

リフレッシュネックレス、情報デスク
ネックレス、ペンダントのリフレッシュ商品を紹介します。

予約情報デスク
予約販売できる商品を陳列いたします。
その他、限定品、初回盤、初回版もあるかも。


にきび、吹き出物に効く温泉宿のご紹介
ニキビ、吹き出物に効くといわれている硫黄泉、硫化水素泉の温泉があるお宿をご紹介しています。

手話の対応が可能な宿
手話対応が可能な宿をご紹介しています。

アトピーに効く温泉宿のご紹介
アトピー性皮膚炎を効能として謳っている温泉のお宿をご紹介しています。

食物アレルギーに配慮した料理が出せる宿
食物アレルギーに配慮した料理が出せる宿をご紹介しています。

糖尿病に効く温泉宿のご紹介
効能として糖尿病をうたっている温泉宿をご紹介しています。

痔に効く温泉宿のご紹介
効能として痔をうたっている温泉宿をご紹介しています。

痛風に効く温泉宿のご紹介
効能として痛風をうたっている温泉宿をご紹介しています。

車椅子利用者用の客室がある温泉宿のご紹介
車椅子利用者用の客室がある温泉宿をご紹介しています。

ペットと泊まれる温泉宿のご紹介
ペットと泊まれる温泉宿をご紹介しています。

五十肩(四十肩)に効く温泉宿のご紹介
効能として五十肩をうたっている温泉宿をご紹介しています。

便秘に効く温泉宿のご紹介
効能として便秘をうたっている温泉宿をご紹介しています。


HEROの馬券。ワイドが儲かるらしい!